小学校受験を受けるなら勉強の方法を子供に教えよう

ウーマン

目的別の学習指導

先生と生徒

中学受験や付属校の内部進学に向けて、一人一人に合った指導を受けられるのが、塚口の個別指導教室が注目されている理由です。苦手科目がある中学生も、積極的に個別指導教室を活用しており、教科書レベルの内容をじっくりと学べるのが魅力的です。

通信制の教育機関

学生

通信制高校は心身に問題を抱え、通常の教育機関で学ぶ事が困難な生徒に理想的な学習環境を提供しています。通信制高校は高校の卒業資格を取得できるだけではなく、家計を支え仕事をしながらでも大学受験の為に準備する事ができます。

取り組む上での大切な点

女の子

正しい情報と学習の仕方

小学校受験における合格不合格の判断は、筆記テスト以外にも、親子面接や子供の行動観察、巧緻性などが組み込まれています。上手に指先を使う能力を巧緻性といいますが、小学校受験に関しては、箸の使い方やハサミの扱い方、雑巾をしっかり絞れるかなどのポイントをチェックします。行動観察とは、自分の考えをしっかり言えるかや、友達と親しくなれるか、ゲームの際のルールを守れるかなどをいいます。学校によって合格不合格の基準も違うため、必ずしも模擬試験の結果が判断材料になるとはいえません。このように基準が明確でないため、親御さんがいろいろな情報に踊らされがちです。そのため、受験経験のある知り合いや塾で正しい情報を取り入れることが大切です。そうすることで、正しい対策も立てやすく、子供の負担を減らせます。小学校受験は適切な方法で取り組めば、子供は学ぶ楽しさを体験します。そして、子供の人格の土台を形成する時期に、頑張れば物事を達成できるという自信を得ることにもつながります。小学校受験では、合格することが優先順位の上位にあることは正しい考えです。しかし、小学校受験をさらに貴重なことにするには、学ぶことや、何かを体験することは面白いという感覚を肌で感じることが重要です。また、努力することで、自分がステップアップすると気付くことも大切です。ちなみに、一貫教育の高校において、主席で卒業する生徒のほとんどが、小学校からエスカレーターで上がってきたというデータもあります。

通信制の教育機関の費用

高校生

福岡には通信制高校が複数あり、費用負担の少ない学習環境を提供しています。特に、通信制高校は学び易さという点が重視されているので、校則の緩和された自由な学習環境で将来に役立つ知識を身に付けることが出来るのです。